対人関係の苦悩

ここのところご難続きだ。
人に傷つけられることばかり。
正直すぎていけないのか、裏表がなさ過ぎて失敗するのか。
悪いことはしていなくても、人からは格好の標的にされてしまう。
もちろん良く思ってくれる人もいるけれど。
対人関係で苦しんでいるのは自分だけではないのだろう。
他の人も人知れず苦悩しているに違いない。
表に浮かんでこないだけの話だ。

一方的に攻撃され、完膚なきまでに叩きのめされた後、ちょっと泣きそうになりかけた。
恐ろしかったし、半狂乱だったからなおさらだ。
でも反論はできなかったけれど、しっかりしていられた。
そしてもう二度と関わり合いになるまいと、きっぱり頭を下げて別れてきた。
でもだんだん腹が立ってきた。

どうしてこんなにまで小馬鹿にされなければならないのか。
激しく攻撃されなければならないのか。
女子と小人は養いがたし、と昔からいうけれど、そんなものかも知れない、と諦念を抱きつつ雨の中そぞろ歩いていた。
他山の石として、自分自身の修養としていくしかないな、と考えた。
人からされることは理不尽なことが多いけれど、世の中生きていくには諦めと辛抱が肝心なのだろう。
しょうがないさ、と呟く。

対人関係というとやはり大事なことは第一印象であろう。
あなたは初めてあった人のどこを見ていますか?
私はどうしても初対面の人と会う時には口元を見てしまう。

その時に歯を清潔に手入れしているかどうかでなんとなくその人の人となりがわかるからだ。
歯の手入れができていて白く健康的な人はやはりしっかりしている人が多い。
いっぽうでヤニ汚れで黄ばんでいたり、歯並びが悪かったりするとだらしない場合が多い。
歯がないという人は持っての他である。
やはり白くて健康的な歯を手に入れる努力は惜しむべきではないと常日頃思う。
自宅でできる歯を白くする方法を紹介しよう