始めて買った車について

初めて買った車について話します。
短大を卒業した春に普通免許をとりました。
車は、まだこれから就職をするし、運転もまだ上手ではないからと母の勧めで中古車を購入しました。
金額は30万円弱だったと思います。
それでも、当時の私には高い買い物でした。
車は、私が運転免許の合格発表の日に納車されました。
自信があったけど、もし試験に落ちたらかっこ悪いなってちょっとヒヤヒヤしていました。
でも、みごと合格した私は、家に帰って車屋さんが持ってきた車にすぐに乗りました。

本当は両親と一緒になったほうが安心だったのですが、仕事から帰ってくるのを待ちきれなくて1人でドライブに行ってしまいました。
始めは、法定速度をしっかり守ってビクビクしながら運転していました。
歩道に人がいたら中央線にすぐ寄るし、対向車がくれば歩道側に寄っていたので後ろの車の人は怖かったかもしれません。
でも、だんだん運転に慣れてきた私は次第に気が大きくなってきたのでしょう。
知らない道をどんどん突き進んでいきました。
しかも、山道を。
道はどんどん狭くなり、最後には行き止まりになってしまいました。
でも、運転初心者の私はバックして道を戻ることなどできずに、父に電話をしました。
仕事を終えてすぐに駆けつけてくれた父になんとか助けてもらいながら家に帰りました。
このことは、今でも家族の笑い話になっています。

コメント

コメントを受け付けておりません。